アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎には大きく分けて、ハウスダスト・ダニなどに代表される一年中症状の出る通年性のものと、スギ・ヒノキなどによる季節性のものとがあり、季節性の中で特に花粉によるものを俗に花粉症と呼んでいます。
花粉は人体にとっては異物です。異物が体内に侵入すると免疫がこの異物を排除しようと働き始めます。花粉が体の中に毎年、毎年入ることによって体の中に免疫反応がおき「花粉に対する抗体」が増えてきます。抗体がたくさんでき上がってしまうとこんどは花粉が体に入るたびにアレルギー反応が過剰におきます。

つまり鼻の中に花粉が入ると鼻の中で過剰なアレルギー反応がおき「くしゃみ」「鼻水」が止まらなくなります。したがって目の中に入れば目が痒くてたまらなくなり、気管支に入ると咳が止まらなくなることもあります。また、ひどい人になると眼や鼻の症状以外に、発熱までするということで、日常生活や仕事にもかなりの支障をきたします。こんなつらい花粉症も症状を軽くする治療法に内服や点鼻、点眼、減感作、レーザー治療があります。