舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、これまでの減感作療法の「通院が週に何回も必要」「注射をしなくてはならない」の2点を改善したもので、『舌下』とあるように、スギ花粉やダニ(抗体)のエキスを舌下からからだに吸収させます。

パン片を舌下に置いて、そのパン片にスギ花粉のエキスを目薬を点眼する要領で垂らし、2分間じっと待った後、飲み込んでしまえば1日1回の投与は終了します。

治療は自宅で行なえます。開始の3週間は毎日投与し、それ以降は週に1~2回の投与です。そしてさらに2~3週間に1回の投与と間隔を広げ、2年間続けます。通院は1カ月に1回で済みます。
当院では、スギ花粉やダニの舌下免疫療法のどちらも保険で治療できます。